リード文って?必要な理由と理想の文字数をご紹介

コラム

ライティングにおけるリード文の重要性、あなたはご存知ですか。記事の最初に書くことは知っているけど、何を書けばいいんだっけ?という人も多いことでしょう。

リード文は「記事を読んでもらえるかどうか」を握る重要なカギ。なんとなく、で書いているのは非常にもったいない。

そこで今回は、リード文の役割とは?理想とする文字数は?という疑問にお答えしていきます。

リード文って?

リード文は、記事の冒頭部分にくる文章のことで、本文に入る前に「この記事にはこのような内容が書かれていますよ」と、読者に教えてあげる役割を持ちます。導入文ともいわれますね。

リード文を入れるべき主な理由は2つ。

・記事の方向性を読者に伝えるため
・読者との距離を縮めるため

記事の方向性を読者に伝えるため

リード文を読むことで、読者はその記事にどのような内容が書かれているかを理解することができます。本文に入る前に記事の方向性を伝えることで、読者はその記事が自分の役に立つかどうか、読むべき記事かどうかを判断することができるのです。

読者との距離を縮めるため

読者は、何かしらの疑問や悩みを解決したくて記事を訪れることがほとんどです。リード文において読者の共感を得たり、読者の心を掴むことができれば、記事を最後まで読んでもらうことができるでしょう。

つまり、「記事を読んでもらえるかどうか」はリード文にかかっているといっても過言ではないのです。

リード文の文字数は?

リード文は、読者に記事の内容を簡潔に教えてあげることが目的です。リード文が重要だからといって、あれこれ詰め込みすぎて長ったらしくなってしまっては逆効果。300文字程度にまとめることが理想とされています。

まとめ

リード文には、記事を読んでもらうために読者に記事の方向性を伝え、読者との距離を縮める役割があります。

記事を読んでもらえるかどうか」がかかっているリード文。記事を読みに訪れてくれた読者の目線になり、リード文を書いてみてくださいね。


【inkrichメディア】
そのほかの記事は「inkrichメディアの記事一覧」よりご覧ください。

【inkrichは次世代CMSです!】
inkrichならお店や団体のホームページを簡単・無料で作れます!詳しくは「inkrichホームページプラン」でご紹介しています。