Google Search Consoleとは?使い方や設定方法などを解説

コラム

この記事では、 Googleサーチコンソールの設定方法から、Googleサーチコンソールでできることなどについて解説しています。

早速ですが、「Googleサーチコンソールは何ができるの?」や、「Googleサーチコンソールはどうやって設定するの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Googleサーチコンソールとは?から、設定方法などについて解説していきます。

Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、Googleが提供している、インターネット検索解析の際に用いるツールの1つです。

Googleで検索されたキーワード検索順位、表示回数、クリック率などのデータを数値化し、表示することができます。

略して「サチコ」と呼ばれる場合もあります。

Googleサーチコンソールでできること

それでは、Googleサーチコンソールでできることについて、4つご紹介していきます。

1, 検索パフォーマンスがわかる

検索パフォーマンス」機能を使用することで、「合計クリック数」、「合計表示回数」、「平均CTR」、「平均掲載順位」などを確認することができます。

下へスクロールしていくと、「クエリ(検索キーワード)」、「ページ」、「」、「デバイス」、などのデータも確認することができます。

2, インデックスされているかの確認

検索結果に表示されなかった際などに、「URL検査」を使用することで、Googleにページがインデックスされているかを確認することができます。

※検索エンジンの中に、ホームページの情報を登録することを「インデックス」と呼びます。

3, ガバレッジエラーの確認

エラー」、「有効(警告あり)」、「有効」、「除外」の4つの項目があり、それらに該当するページが表示されます。

サイトにエラーが起こると、検索順位に影響を及ぼす可能性があるので、随時確認し、エラーを解決していきましょう。

4つの項目の意味
エラー:ページがインデックスに登録されていない
有効(警告あり):ページはインデックスに登録されているが、その他に解決すべき点がある
有効:ページがインデックスに登録されている
除外:何かしらの理由で、ページがインデックス登録されていない

4, サイトマップ登録

コンテンツなどを追加し更新された際、サイトマップを追加することで、インデックスされやすくなるというメリットがあります。

※サイトマップとは、サイト内のページをわかりやすく一覧にしたものを指します。

サイトマップ登録方法

左のメニューバーの「サイトマップ」をクリックします。

新しいサイトマップの追加」の欄に、「sitemap.xml」を入力し、「送信」をクリックします。

ステータスの欄が緑の文字で「成功しました」が表示されれば成功です。

以上で、サイトマップの登録は完了です。

※inkrichでは、ブログを公開した時点から、サイトマップが更新されるようになっています。

Googleサーチコンソールの設定方法

それでは、Googleサーチコンソールを設定していきましょう。

まず、こちらのページから、「今すぐ開始」をクリックしGoogleサーチコンソールにアクセスします。

右の「URL プレフィックス」を選択し、URLを入力しましょう。
こちらに入力したURLのみ管理することができます。

※URLプレフィックスとは、「https://inkrich.com/」や「https://more.inkrich.com/」のようにhttps:やhttp:を含むURLのことです。

以前の記事で、Google AnalyticsでWebサイトにトラッキングコードを設定したので、右下の「確認」をクリックするだけで登録できます。

所有権を証明しました」と表示されれば、Googleサーチコンソールを使用することができます。

以上で、Googleサーチコンソールの設定は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Googleサーチコンソールを使うことで、「クエリ(検索キーワード)」、「表示回数」、「クリック率」などのデータを見ることが可能になります。

マーケティングやWebサイト運営者の方に、役立つ機能が盛り沢山だと思いますので、ぜひ、Googleサーチコンソールを使ってみてはいかがでしょうか。


【inkrichメディア】
そのほかの記事はこちら

【inkrichは次世代CMSです!】
inkrichなら企業/お店/団体のホームページを簡単・無料で作れます!詳しくはこちら